株式会社アイフィンク

ICカードの基礎知識

磁気カードからICカードへ

カードの主流である「磁気カード」と「ICカード」。

中でも「安全性」や「拡張性」の面で「ICカード」が大きく期待されています。

非対面取引やインターネットにおける不正利用を防ぐ安全性、1枚のICカードで複数サービスの利用を可能とする大容量データの保存、プログラム搭載などの拡張機能(多目的利用)がその理由になっています。

 

ICカードの安全性

ICカードには様々なセキュリティ技術が施され、安全性が実現されていますが、磁気カードとの大きな違いは、カード自体が不正なアクセスを拒否する、その優れた認証機能にあるといってよいでしょう。


  1. カード自体が物理的に複製することが非常に困難である。
  2. カード内部へのアクセスが難しく、データの改ざんや盗み見が難しい。
  3. カードとリーダライタ間で各々の正当性をローカルで認証ができ不正利用、不正カードを検出し易い。

 

暗号化

ICカードのソフトウエアと切り離せないのが暗号処理です。
ICカードが従来の磁気カードと異なる点は、CPUを持って演算できることだけではなく、そのCPUやCo-Processorを使って暗号処理ができる点です。ICカードOSではデータの入出力などを行いますが、基本的な暗号処理もOSの仕事の1つです。

 

ICカードの優れた認証性能 (オフライン認証)

磁気カードには普通は暗証番号は入っていませんが、ICカードには入っており、多くは暗号化されています。最近では、生体認証データを、ICカードに記録し、認証に使う方法もでています。

つまり、演算機能と暗号を利用した相互認証によって、不正なリーダライタを排し、暗証番号を併用することで「偽造カード」かどうかもより厳しくチェックでき、本人確認を確実に行えるからです。

 

磁気カードの認証 (オフライン認証)

従来の磁気カードでは入力した暗証番号は、磁気カードリーダから回線を通して中央のホストコンピュータセンタに伝えられ、センタに登録されているそのカードの暗証番号と照合され、一致すれば正当なカードの保持者であるとホストコンピュータが判定します。つまりオンライン照合となるわけです。

 

ICカードの種類

ICカードには大別して「接触」タイプと「非接触」タイプがあります。
「接触」タイプは、カードの表面にある金属部と端末とを電気的に接続し、通信を行います。
「非接触」タイプは、カードに埋め込まれたアンテナと端末のアンテナとの間で無線で通信を行います。
さらに「非接触」タイプは、用途や導入環境により様々なタイプのものがあります。

 

 

ICカード技術の進展

お問い合わせはこちら
社名変更のお知らせ

サイトのご利用について | あいホールディングスグループ